【用語解説】肉副産物

スポンサーリンク

肉副産物とは

牛、豚、鶏などの家畜動物の「肉(正肉)」を除いた部分が「副産物」です。副産物は「骨」と「副生物」に大別されます。

 niku-fukusanbutu (1)
 icon-link  日本食肉消費総合センター

 

日本畜産副産物協会では、以下の部分を副産物と定義しています。

  • 臓器
  • タン、テール、横隔膜など
  • 頭、足、脂
  • 血液
  • レンダリング用副生物(脂肪骨・非食用臓器など)

 

さらに、副産物から、原皮(げんぴ:革製品の材料)を除いた部分を「副生物」といいます。副生物は、「可食臓器類」(焼肉やもつ煮、串焼きの食材などに使用されるホルモンなど)と食用に適さない「不可食臓器類」に分類されます。

キャットフード 副産物

とくに記載がない場合、ペットフードに使用される「肉骨粉」は、主に「不可食臓器類」が原材料となります。

可食臓器類 不可食臓器類
ハツ(心臓)
レバー(肝臓)
マメ(腎臓)
ミノ(第一胃)
センマイ(第三胃) 血液
ハラミ(横隔膜) レンダリング用副生物
(脂肪骨・その他の非食用臓器)
ヒモ(小腸)  
シマチョウ(大腸)  
タン(舌)  
カシラニク(頭肉)  
テール(尾)  

ただし、牛・羊・山羊由来物質については、不可食臓器類を飼料やペットフードに使用することが禁止されています。

 icon-link ペットフード原料としての動物由来物質の取扱いについて(農水省)