【用語解説】肉骨粉・肉粉・血粉

スポンサーリンク

日本の法律で定められている肉骨粉等の定義

肉骨粉

肉骨粉等原料をレンダリング処理したもの

肉粉

食用の脂身から食用脂を抽出したものを「獣脂かす」といい、さらに「獣脂かす」から脱脂したものを粉砕機で粉砕し、獣毛を除去すると「肉粉」になります。また、肉粉の粗たんぱく含有率は65%以上と定められています。

血粉

家畜の血液を加熱凝固し、水分を除去した後、乾燥、粉末化したもの

 icon-link 肉骨粉適正処分対策事業実施要綱

スポンサーリンク

日本で製造されるの動物由来物質のペットフードへの利用条件

原料の収集先

食用油脂原料(食用脂身に限る)とその他の原料を分別する、と畜場、食肉処理場、販売業に限定

牛・羊・山羊由来物質(反すう動物)

BSE(TSE)感染防止のため、反すう動物については、食用脂身のみ使用が認められています。

  1. 食用脂身(可食部位)のみが原料とされていること。
  2. 食品製造施設・工程で製造された獣脂かす(肉粉)であること。

牛・羊・山羊以外のペットフード用肉骨粉に使用可能な動物種と収集先

種類 収集先
家きん(養鶏場の鳥類全般) 農場、食鳥処理場、カット場等
農場、と畜場、カット場、豚胎盤(農場)
農場、と畜場、カット場等
海産哺乳動物 鯨体処理場、水産物産地市場、水産加工業を営む者
その他の食用非反すう哺乳動物 カット場等
魚介類 水産物産地市場、水産加工業を営む者
死亡家畜等(豚・馬・家きん) 農場

 icon-link ペットフード用及び肥料用の肉骨粉等の当面の取扱いについて